日本と世界

チーズに含まれる栄養

チーズには牛乳の10倍もの栄養分がギュッとつまって入っています。
ミネラル、たんぱく質、炭水化物、脂質、水分がバランス良く含まれています。
チーズに含まれていない栄養素は何でしょうか?

ビタミンCと食物繊維です。
だからサラダとフルーツデザートを一緒に食べると栄養力がアップします。
またチーズの特徴は、牛乳のようにお腹を下す心配がありません。

何故ならチーズに含まれている乳糖が牛乳よりも少いからです。
チーズがつくられるとき乳酸菌の餌になり、その分減るからです。
だから牛乳が苦手という人にチーズは牛乳の代わりになり、体の調子を整えてくれる良い食べ物です。

栄養成分はどれくらいの割合で含まれているのでしょうか?
たんぱく質、脂肪分ともに約25%以上、人の体になくてはならない栄養素ミネラル分、たとえばカルシウム、鉄分、リン、カリウムなどはバランス良く含まれています。
ビタミンはビタミンC以外、バランスよく含まれているので、チーズは本当に栄養バランスが取れ優れた食べ物といえるでしょう。

現代人はカルシウム不足といわれていますが、チーズは手軽にカルシウム不足を補える優れた食べ物です。
チーズの他にはどのような食品にカルシウムが多く含まれているのでしょうか?
魚類、豆腐、ひじき、小松菜のおひたし、卵などにも多く含まれています。

このページの先頭へ